2002年11月25日 

プレスリリース/お知らせ

● 2002年11月25日 日本病院会ニュース

カードと一体の保険証が登場 1月にトーマツ健保で

クレジットカードと一体の健康保険証が、来年一月頃からお目見えすることになった。大手監査法人トーマツの健康保険組合が日本信販のNICOSとタイアップしたもの。本人と扶養者(配偶者)の2種類。通常の健康保険証に加えて、一般的なクレジットカードとして利用できる。ただし、医療機関窓口で対応する場合は、カードリーダー(カード読取器)が必要で、購入する必要があるとしている。

現在クレジットカードの利用ができるのは、トーマツ健保組合の1社のみだが、すでに約40組合が健康保険証をカード化しており、将来は同様のものが増えると見込まれている。

プレスリリース/お知らせ一覧に戻る

このページのTOPへ