2004年2月9日

プレスリリース/お知らせ

● 2004年2月9日

株式会社バリューHRが第三者割当増資2億2500万円を実行

企業・団体の福利厚生サービスや健康保険組合の保健事業へのカフェテリア・プラン(選択型福利厚生制度)の導入支援、運営・管理、サービス・商品の提供を行っている株式会社バリューHR(東京・渋谷区、代表取締役社長 藤田 美智雄)は、平成16年2月6日をもって、ベンチャーキャピタル7社(注1)および業務提携先企業などを引き受け先とする総額2億2500万円の第三者割当増資を実行しました。株式会社バリューHRはこの増資により、資本金1億7275万円となりました。

株式会社バリューHRは、健康保険組合の保健事業、労働組合や一般企業の福利厚生サービスを受託し、Webサイトを活用するなどして、カフェテリアプランをシステム化して、サービス情報の提供、予約・利用確認、費用精算業務、ポイントの付与とその管理、利用履歴などの機能を標準装備しており、業務の省力化、手続の簡素化を実現しています。また、日本信販の協力を得てカフェテリアプランをカードで利用できる機能を拡張するなど、新たなビジネスモデルの構築を推進しています。

代表取締役社長の藤田美智雄は、「今回の調達資金を活用することにより、カフェテリアプランのシステムの高機能化を実現し、弊社の顧客企業・団体並びにサービス・パートナーの業務の効率化に貢献すると共に、利用者の利用満足度の向上に貢献できる体制を構築することができます。その結果として、弊社のビジネス・モデルの実現に大きな一歩を踏み出すことができます。」と述べています。

プレスリリース/お知らせ一覧に戻る

このページのTOPへ